壁紙を簡単に貼り替えお部屋をプチリフォームしよう

壁紙を自分で張替えてみよう

>

これで壁紙が自分で貼れる!使える七つ道具

壁紙を自分で貼る際の基本の七つ道具とは?

貼り替えに必要な基本の七つ道具をご紹介します。
壁紙を貼るときに空気を抜くための「なでバケ」は、短いコシのある毛で持ちやすさがポイントです。
「竹べら」は壁紙の隅の余分なところを切り取る際にきれいな折り目を付ける道具です。
「カッター」は壁紙を引っかけて破らないように切れ味の良いものを準備しましょう。
「カッターの替え刃」のりが付いている壁紙を切ると切れ味がどうしても落ちるのが早くなります。
失敗を避けるためにも多めに準備して常に切れ味を保つようにしましょう。
カッターでカットするときのガイドになる「地ベラ」は、壁紙の貼り替えのほかに障子紙やふすま紙、床材をカットするときにも使えますので一つあると便利です。
「ジョイントローラー」は壁紙の継ぎ目を圧着してさらに剥がれにくくします。
「スポンジ」はのりが残らないように水を含ませて拭き取るのに使います。
セットになっているものが多く初心者にも使いやすい道具です。

コツをつかめば簡単?柄合わせと貼りかた

無地の壁紙は継ぎ目の柄合わせを気にしなくて良いのですが、柄があると難しいという先入観があって勇気が出ないものです。
同じ柄を繰り返すストレートリピートは隣の柄も同じで柄合わせのロスが少ない壁紙です。
一定長さで繰り返す柄のステップリピートは、継ぎ目になる柄のところに合わせてカットするため位置合わせのロスが大きく壁紙に余裕をもたせて用意します。
一つの柄を基準に上下に柄合わせをしながら貼り付けます。
下地に縦の基準線の印を付けるとずれにくいようです。
お部屋の壁の大きさに合わせて前もって購入する長さを計算するのですが、ショップで直接相談するかネットショップでは無料で壁紙の計算ができるところがありますので利用してみてください。
貼り替えで柄合わせに自信がないときは、無地を選ぶかストライプのように縦の柄で気にせずに貼れるもの、全体ではなくアクセントで一部分に貼り直しができるシートタイプから始めると安心です。


TOPへ戻る